【Raspberry Pi(ラズパイ)】ラズパイとは?ラズパイの種類とできること!

こんにちは。

プログラミング講師のさかやすです。

Raspberry Pi(ラズパイ)の「種類」や「できること」について知りたい人向け。

お父さん

ラズパイって何でしょうか?

ラズパイを購入してみたいが、どう使えるのか教えてほしい。

お父さん

Raspberry Pi(ラズパイ)って何?色々な種類があるけど、どれが良いの?どんなことが出来るの?といった疑問に答えていきます。

本記事の内容

①ラズパイとは

②ラズパイの種類

③ラズパイできること

この記事を読んで頂ければ、ラズパイの種類や使い道について知ることが出来ます。動画を使用して分かりやすく説明しています。

ラズパイとは

英語ではRaspberry Pi。日本語ではラズベリーパイ。略してラズパイ!

むき出しの基盤に、CPUや入出力インターフェースとコネクタが付いただけの簡素なコンピュータです。

データを記録するハードディスク、パソコンを操作するマウスやキーボードは標準で装備されていません。別途購入して基盤に差し込んで使用します。

ハードディスクが搭載されていないため、WindowsやMacOSのようなOperatingSystem(OS)もインストールされていません。

SDカードにOSをインストールさせて使用します。OSはLinux系をベースに10種類以上のものがあり選択可能です。一般的なものはRaspbianとなります。

キーボードやマウスは、USBやBluetoothで接続して使用します。ラズパイのモデルによってはBluetoothは搭載されているものと搭載されていないものがありますので注意してください。

また、インターネットへの接続についてはLANポートやWifiを使用して行います。WifiもBluetoothのように、ラズパイのモデルによっては搭載されていないものがあります。

ラズパイの種類

Raspberry Pi 1、Raspberry Pi 2、Raspberry Pi 3、Raspberry Pi 4、Compute Module 、Raspberry Pi Zeroなどなど。たくさんのモデルが販売されています。最新のモデルは、「Raspberry Pi 4」です。

Raspberry Pi 4 Model B+

CPUは、クアッドコア「1.5GHz」。メモリは1GB・2GB・4GBの3種類が用意されていて、それぞれ販売価格が異なります。1GBが$35、2GBが$45、3GBが$55となります。

サイズは85 mm × 56 mm。Raspberry Pi3 Model B+と同サイズです。

Raspberry Pi 3 Model B+

CPUは、クアッドコア「1.4GHz」。メモリは1GBです。サイズは85 mm × 56 mmとやや大きめのものとなります。他のものと比べてサイズが大きくスペックが高いものです。

また、値段は$35となり少々高くなります。

Raspberry Pi Zero

CPUは、シングルコア「1GHz」。メモリは512MBです。サイズは65 mm × 30 mmと名刺程度となり非常にコンパクトです。

Zeroは、以下のとおり3種類用意されています。

  • Raspberry Pi Zero
  • Raspberry Pi Zero W
  • Raspberry Pi Zero WH

価格はそれぞれ異なり、Zeroは$5。Zero Wは$10。Zero WHは$14です。ZeroとZero W・Zero WHの違いは、WifiとBluetoothの有無。Zero W・Zero WHの違いは、GPIOが半田付けされているかどうかです。

Zeroでお薦めなのは、Raspberry Pi Zero WHです。初めて購入するには、このスターターキットが良いでしょう。HDMIケーブルとラズパイのケースが付いてて、WifiとBluetoothが使えます。

上記4種類の比較表は以下の通りです。

Raspberry Pi 4 Model B+Raspberry Pi 3 Model B+Raspberry Pi ZeroRaspberry Pi Zero WRaspberry Pi Zero WH
CPUクアッドコア(1.5GHZ)クアッドコア(1.4GHZ)シングルコア(1.0GHZ)シングルコア(1.0GHZ)シングルコア(1.0GHZ)
メモリ1GB, 2GB, 4GB1GB512MB512MB512MB
HDMI端子
WIFI
LANポート
Bluetooth
GPIO
ストレージmicroSDmicroSDmicroSDmicroSDmicroSD
海外価格$35, $45, $55$35$5$10$14

出典:Wikipedia(Raspberry Pi)

 

パソコン

ラズパイはパソコンとして使うことが出来ます。パソコンは安いもので5万円以上はするかと思います。ラズパイをパソコンとして使えば安価でパソコンを導入できます。

市販されているパソコンとはOSが異なるため、使用方法は若干異なりますが、以下のとおり様々なものが使用できます。

  • 文章作成ソフトと表計算ソフト(フリーソフトのOffice版がインストール済み)
  • Minecraft(マインクラフト)
  • インターネットの閲覧
  • Scratch
  • GPIOを使用した電子工作

パソコンとして使う為に必要なものは以下の通りです。全て揃えても2万円未満です。

1.ラズパイ本体

Raspberry Pi Zero WHです。WifiとBluetoothが使えてHDMIケーブルが付属されていて3,280円です(2019年5月25日時点)。

テレビにHDMIの入力端子が付いている場合は、通常使用しているテレビでも問題ございません。別途用意する場合は、HDMI入力端子が付いていれば大丈夫です。

Amazonで購入される場合は、I-O DATAの製品で10,980円です(2019年5月25日時点)

(1)MicroSDカード

Scratch:電子工作とプログラミング学習

2020年のプログラミング教育の必修化に伴い、ビジュアルプログラミングのScratchを使用したプログラミング学習が注目されています。

ラズパイではScratchのプログラミング学習ができます。視覚効果の高いLEDランプをチカチカさせるようなプログラミング学習が出来るのが特徴です。

プログラミング学習に興味のある方向けに、おすすめの記事です。

体験無料:小学生と中学生向けのプログラミング教室3選(ロボット教室もあり)

体験無料:小学生と中学生向けのプログラミング教室3選(ロボット教室もあり)

Python:電子工作とプログラミング学習

Scratchだけでなく、本格的なプログラミング言語のPythonも学習することが可能です。次の動画は、Lチカ(LEDランプをチカチカさせること)をPythonで実装させています。

 

関連記事:
⇒⇒⇒ 【ラズベリーパイ(ラズパイ)】Pythonでプログラミング!HelloWorldからGPIO制御までを解説!

【ラズベリーパイ(ラズパイ)】Pythonでプログラミング!HelloWorldからGPIO制御までを解説!

まとめ

いかがでしたでしょうか。ラズパイの種類や活用方法を説明してきました。

  • ラズパイはCPUや入出力インターフェースとコネクタが付いただけの簡素なコンピュータ
  • microSDカードにOSをインストールして使用する
  • パソコンとして使える
  • プログラミング学習にも活用できる

2020年の小学校プログラミング教育の必修化に伴い、ラズパイを使ったプログラミング学習も今後一般化してくるかも?

また、子ども用にパソコンを準備するのにもラズパイは価格面で効果あり。モニタ含めて、2万円未満で購入できるのは魅力的です。

 

通常のパソコンを購入したい場合はこちら。

関連記事:
⇒⇒⇒ 子供用おすすめノートパソコン!プログラミング学習に最適なパソコン

子供用おすすめノートパソコン!プログラミング学習に最適なパソコン

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

プログラミング講師 さかやす