【ドローン】TelloでScratchプログラミングにチャレンジ!

こんにちは。

千葉県の流山市(おおたかの森)で、子どもの習い事「プログラミング」の講師をしているさかやすです。

ドローンTelloを徹底活用!Telloのプログラミングにチャレンジする手順を知りたい人

お母さん

子どもがドローンに興味を持っている。遊びだけでなく、他の使い道について知りたい。

子どもにドローンを購入。プログラミングするまでの手順を教えてほしい。

お父さん

このような疑問に答えていきます。

本記事の内容

 

トイドローン「Tello」を使用して、プログラミングにチャレンジ♪

①ドローンプログラミングについて

②TelloドローンをScratchでプログラミングするまでの手順

お子さんは、ドローン好きですか?空飛ぶラジコンのようなもので、面白いですよね。私もドローンが好きで自宅で操縦の練習をしています。

そんなドローンですが、プログラミング初心者向けのScratchでプログラミングの学習が出来てしまいます。

遊びながら学習できるのがドローンプログラミングの特徴です。

今回は、子ども達に人気のドローンをScratchで操縦するための手順について解説していきます。

ドローンプログラミングについて

2018年2月の平昌オリンピックを見ていましたか?その開会式で、世界最高記録となる1,218機のドローンが宙に舞いました。

五輪のマークをドローンで描いていました。

こちらのドローンは、Intel製のドローンで重量227gの軽量タイプです。LEDが組み込まれているため、イルミネーション的な演出が出来ていました。

この演出はプログラミングで作られたものです。さすがに、ここまでのプログラミングは個人には難しいものがありますが、簡単なドローンの操縦でしたら子どもでもチャンレジ可能です。

次の動画は、Scratchというプログラミング未経験者向けのプログラミング環境でドローンを操縦する様子です。

子ども用の知育玩具「LEGO」のように、ブロックを組み合わせていくだけでプログラミング出来ます。

環境さえ準備出来てしまえば、結構簡単にドローンプログラミングにチャレンジすることが可能です。

ドローンプログラミングまでの手順「Scratch」+「Tello」

Scratchをパソコンにインストールしてドローンのプログラミングを行う手順について説明します。Windows10で手順書を作っています。

「Tello」というドローンでプログラミングする手順です。

Scratchのインストール

1.Scratchのインストールは以下のサイトより行います。

https://scratch.mit.edu/download/scratch2

「2.Scratchオフラインエディタ」からインストールファイルをダウンロードして、パソコンにインストールします。

2.インストールが完了すると、デスクトップに猫のアイコンが表示されます。

3.地球のマークを選択して、日本語モードに変更します。

Scratchの最新バージョンとなる「Scratch3.0」は、ドローンに対応できていません。Scratchからドローンを制御する際は、Scratch.2.0を使用してください。

node.jsのインストール

1.以下のサイトよりインストールファイルをダウンロードします。

https://nodejs.org/en/blog/release/v8.1.2/

※Windowsパソコンで64bitを使用している方は、以下を選択します。

2.ダウンロードしたインストーラを実行します。

「Next」を選択します。

「I accept the terms the License Agreement」にチェックして、「Next」を選択します。

「Next」を選択します。

※インストール先は上図と同様の設定にしてください。「C:\Program Files\nodejs」

「Next」を選択します。

「Install」を選択します。

Tello起動コマンドの作成

1.メモ帳を開きます。

メモ帳の起動:Windowsロゴ+「R」 → 「notepad」

2.Tello起動コマンドファイルの作成

下図のとおり、メモ帳に入力してください。

「ファイル」→「名前を付けて保存」。「ドローン.bat」という名前でデスクトップに保存してください。

Telloプログラミングの準備

1.Telloプログラミングのファイルをダウンロードします。

https://dl-cdn.ryzerobotics.com/downloads/tello/20180222/Scratch.zip

2.下図のファイルがダウンロードされました。

3.「2」でダウンロードしたファイルをCドライブ直下に保存します。

下図のローカルディスク「C:」に保存します。

ドローンとScratchの起動

1.Scratchを起動します。

「ファイル」をshiftキーを押しながらクリックすることにより、「実験的なHTTP拡張を読み込み」が選択可能になります。

2.Tello.s2eファイルを選択します。

「その他」にtelloを制御するブロックが追加されました。

3.ドローン本体(Tello)のスイッチをオンにします。

4.パソコンとTelloをWifiで接続します。

完了です。

ScratchのTelloコマンド

Scratchで使用できるTelloコマンドの一覧表です。

  • take off =離陸
  • land =着陸
  • fly up with distance =上昇(数字は距離)
  • fly down with distance =下降(数字は距離)
  • fly left with distance  =左移動(数字は距離)
  • fly right with distance   =右移動(数字は距離)
  • fly forward with distance   =前進(数字は距離)
  • fly back with distance   =後進(数字は距離)
  • rotate CW with angle =右回転(数字は角度)
  • rotate CCW with angle =左回転(数字は角度)
  • flip with duration =8方向フリップ(F,B,R,Lで方向指定)
  • set speed =スピード変更?(数字は速度?)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ScratchでTelloドローンをプログラミングで制御する手順について書いてきました。

そのScratchでドローンを操縦することが出来ます。ドローンのプログラミングに興味のある方は、是非チャレンジしてみてください!

TelloはAmazonで購入することが出来ます。

ここまでお読みいただきありがとうございました。

プログラミング講師 さかやす